映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画鑑賞記録「ミックス」 | main | 読書記録「君が夏を走らせる(瀬尾まいこ)」 >>

読書記録「コンビニ人間(村田沙耶香)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
村田 沙耶香
文藝春秋
¥ 1,404

【あらすじ】
36歳未婚女性である古倉恵子は、大学卒業後、就職はせず、ひたすら同一店舗でコンビニのバイトを続けてきた。常にコンビニのことを考え続け、食べるものもすべてコンビニ食。だが、年齢がかさむにつれ、自分が普通じゃないことを指摘され…

【感想】
--------------------------------------
☆この人面白い
--------------------------------------
学校を卒業して以来、ずっと同じコンビニでバイトを続けている女性のお話。

友人がつまらなかったー!と言ってたのであんまり期待はしてなかったんですが…

主人公のエキセントリックな感じが個人的にはかなりツボにはまって面白かったです。


小鳥が死んでれば美味しそうだから焼き鳥とか唐揚げにして食べよう!と思い…

喧嘩してる人がいて、「誰か止めて!」と叫んでれば、武器を持って頭を殴打して止めようとし…

ヒステリックに叫んでる人がいれば、ズボンを脱がせて静かにさせようとする…

なかなかの思考回路がやばかったです。面白すぎ彼女(笑)


まぁそんな感じなので、普通とはちょっと違った感性の彼女なんですが…

そんな彼女のコンビニの日常、なかなか興味を惹かれました。

--------------------------------------
☆みんな所詮は人真似?
--------------------------------------
あと、彼女は常日頃から、他人の「真似」をして生きてるんですが…

確かに、行動とか仕草とか喋り方とか、自分の身近にいる人に似てきちゃうってありますよね。

数年ぶりに会ったりして「雰囲気かわったねー」っていうのは、

その人が成長したってのも当然あるんでしょうけど

環境が変わって、周りにいる人が変わったからこそ、

雰囲気が周りの人に似てきちゃったってのがあるのかもしれないですね。

そういう意味では、敢えて自分よりもレベルの高い人の中に身を置いた方がいいってのは

確かに一理あるのかなーとちょっと思いました。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK