映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 読書記録「君が夏を走らせる(瀬尾まいこ)」 | main | 読書記録「過ぎ去りし王国の城(宮部みゆき)」 >>

読書記録「みかづき(森絵都)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
森 絵都
集英社
¥ 1,998

【あらすじ】
昭和36年。小学校の用務員として働いていた大島吾郎は、ある日、勉強を教えていた児童の母親、赤坂千明に誘われ、学習塾を立ち上げることを決意する。だが、その道は当然容易なものではなく…

【感想】
--------------------------------------
☆塾の歴史
--------------------------------------
「教育」に命を掛けた一族の物語ですね。

開始は昭和36年。とある一組の男女の出会いから物語はスタートするので

最初の方を読んだだけだと、昭和の古き良きノスタルジックな時代を描いたお話なのかなーって思ってたんですが…

時代がどんどんずんずん流れていくのが読んでてすごく面白かったです。

若かった2人の男女はやがて父と母となり、娘たちが生まれ、娘達もやがて少女に、そして大人になっていく。

親は他界し、自分たちはやがて年老いて、娘達も結婚して孫が産まれる。

そして、孫たちもやがてすくすくと育ち、自分たちはいつのまにか天寿を全うするような年齢に。

時代ももちろん、戦後の高度成長期のベビーブーム、受験戦争を経て、ゆとり教育、ゆとり廃止などなど

それぞれの時代の変化が感じられる物語構成になっていて非常に興味深く読めました。

昭和から平成にかけてのとある塾講師の半生記。

ほんと読み応えたっぷりで面白かったです!

全467ページとかなーりボリュームあるんですが、おすすめです!

--------------------------------------
☆割りと近くなので…
--------------------------------------
あと、個人的な話なんですが、舞台が千葉ということで、身近な地域がいっぱい出てきて楽しく読めました。

八千代に船橋に津田沼!

たぶん千葉県人以外にはあんまり馴染みのない地名もたくさん出てくるんですが…

千葉県民からすると、知ってる地名がたくさんでてくるのですっごく身近な感覚で読めました。

あのあたり、今はこんなんだけど、昔はどうだったのかなーなんて想像して読むのも楽しかったです。

まぁ地元民ならではってところではありますが、なかなか楽しい読み方ができた一冊でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【森 絵都】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK