映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画「時をかける少女」の感想 | main | 小説「ハードボイルド・エッグ」の感想 >>

小説「夜は短し歩けよ乙女」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
森見 登美彦
角川書店
¥ 1,575
(2006-11-29)
Amazonランキング: 789位
Amazonおすすめ度:
「彼女」に恋してしまった先輩が、色々な苦難を乗り越えて、
「彼女」にだんだんと近づいていくお話。

文体がなんか独特で、かつ、かなりハチャメチャな展開の物語です。
ノリが一昔前のギャグマンガとかそういう傾向な気がします…。
かなり癖があるので、好き嫌いはけっこうはっきりしてくるんじゃないでしょうか。これ。
(ちなみに僕はけっこう嫌いな部類に入りますが(笑))

この滅茶苦茶ぶりを受け入れられればけっこう面白いのかもしれないですけどね^^;
本 【その他】 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakuwaku22.jugem.jp/trackback/324
この記事に対するトラックバック
AMAZON LINK