映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「殺人の門」の感想 | main | 映画「森のリトル・ギャング」の感想 >>

映画「UDON」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
ユースケ・サンタマリア,本広克行,小西真奈美,トータス松本,升毅,片桐仁,要潤,小日向文世,戸田山雅司,亀山千広
ポニーキャニオン
¥ 2,970
(2007-03-07)
Amazonランキング: 662位
Amazonおすすめ度:
本広克行監督の最新作。
出演は、ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本などなど。

ストーリーは、讃岐に出戻った主人公が、
地元のうどん屋さんをめぐるコラムを
地元のタウン誌に載せ始めたことをきっかけに、
うどんが日本中のブームになっていく…というような感じ。

前半は、ドタバタ系のテンポのいい感じのストーリーで、
後半は、割としんみりした感じのストーリーですかね。
僕は、前半のはちゃめちゃ系のノリが好きなので、
後半はちょっとしずかすぎるかなーとも思ったんですが、
全体としては、この方がしっくりきていいのかもしれません。

しかし、ブームってのは怖いですね…
この映画を見てそう思いました(笑)

PS:さりげなくサマータイムマシンブルースに出演してた連中が
役柄がそのまま(?)で出演しちゃってますね。
なかなかおいしい役どころな気がしますが、
さすがに瑛太と上野樹里は出演してもらえなかったか…。
映画(邦画:その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakuwaku22.jugem.jp/trackback/340
この記事に対するトラックバック
AMAZON LINK