映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画「ラフ」の感想 | main | 小説「黄昏の百合の骨」の感想 >>

映画「ジョゼと虎と魚たち」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
妻夫木聡,田辺聖子,犬童一心,池脇千鶴,上野樹里,新井浩文,新屋英子,渡辺あや
角川エンタテインメント
¥ 4,096
(2004-08-06)
Amazonランキング: 1957位
Amazonおすすめ度:
普通の青年と、下半身に障害をもつ女の子のお話。

単純なラブストーリーなのかと思いきや…
けっこう重いテーマを持った作品なのでびっくりでした。

ただ、その重いテーマにもかかわらず、
妻夫木が爽やかな好青年を、池脇が、ちょっと癖のある性格の
女の子を見事に演じていたのでよかったです。

ただ、けっこうエロいシーンが多いので、
ちょっと違和感も感じてしまいますけどね^^;
映画(邦画:その他) | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
AMAZON LINK