映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「まひるの月を追いかけて」の感想 | main | 小説「風に桜の舞う道で」の感想 >>

小説「パワー・オフ」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
井上 夢人
集英社
¥ 840
(1999-07)
Amazonランキング: 121374位
Amazonおすすめ度:
ウィルスによる脅威をテーマにした小説。

まず、いまからだいぶ昔に書かれた小説なのに、
設定を現代に置き換えてもほぼ遜色なく読める
…ってところがすごいですね。
まだインターネットが普及してなくて、
パソコン通信の時代だというのに、ウィルスとか
人工生命とかそういうのを扱っていて、
現在を通り越して、進化するウィルスまで
登場しちゃってて、すごい面白いです。


本 【井上 夢人】 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakuwaku22.jugem.jp/trackback/652
この記事に対するトラックバック
AMAZON LINK