映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「レインレイン・ボウ」の感想 | main | 小説「サマータイム」の感想 >>

小説「硝子のハンマー」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
貴志 祐介
角川書店
¥ 780
(2007-10)
Amazonランキング: 910位
Amazonおすすめ度:
会社のオフィスの社長室で密室の状態で殺された社長。
女性弁護士と防犯コンサルタントというちょっと異色なコンビが
その事件の真相を暴く、ちょっと変わったミステリ。

けっこうボリュームがあるので、読み応えがあります。
ただ、逆にちょっと長すぎるかなぁとも思えますが^^;
主人公が女性弁護士と防犯コンサルタントだったり、
犯人(?)が容疑者が介護猿(?)だったり、介護ロボット(?)
だったり、なんか変な要素が多くて面白かったりはするんですが、
もうちょっと簡潔でもよかったかな…とも思いました^^;
本 【貴志 祐介】 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
AMAZON LINK