映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」の感想 | main | 小説「TVJ」の感想 >>

小説「償い」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
矢口 敦子
幻冬舎
¥ 680
(2003-06)
Amazonおすすめ度:
とあることがきっかけでホームレスとなった元医者の男は、
かつて自分が助けた少年と出会い、事件に巻き込まれていく話。

本屋さんでオススメ…みたいに書いてあったので、
買って読んでみたんですが、個人的にはイマイチな感じですね。

すべての事件の犯人は○○なのか?違うのか??
みたいな展開に進んでいくのは確かに面白かったんですが、
なんか全体的に地味というかなんか暗いんですよね^^;

本 【その他】 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wakuwaku22.jugem.jp/trackback/749
この記事に対するトラックバック
AMAZON LINK