映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< CHANGE | main | 映画「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」の感想 >>

映画「デトロイト・メタル・シティ」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
 【あらすじ】
ポップでオシャレな音楽をやりたいと思って上京した根岸崇一。
だが彼はなぜか、デスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のボーカル
ヨハネ・クラウザーII世としてデビューすることになった。
そして、やがてそのバンドは、カリスマ的な人気を得るようになり、
本来やりたかった音楽との方向性の違いに悩む根岸であったが・・・。

【感想】
感想を一言で言うと・・・面白かった!です。
原作は読んだことがないので比較はできないですが、
想像してた以上に面白かったですね〜。

もともとがハチャメチャな設定なので、ギャグっぽい要素が多いのは
当然かもしれないですが、実写版としては、上手い具合に
俳優さんとギャグがミックスされているんじゃないでしょうかね〜。
随所に笑える要素が散りばめられていたので、
何度も笑えてよかったです。

ただ、逆にリアリティは追求しちゃいけないんでしょうけどね〜。
突っ込みどころがかなり満載なので、
それを探してみてもけっこう楽しめるのかもしれません。
(個人的には、クラウザー鏡い琉畫がいつも
 どっから出てきてるのかが気になりました(笑))


あと、主演の松山ケンイチさん、やっぱりいい味出してますね〜。
デスノートのLもはまり役だったかと思いますが、
こっちもかなりはまり役な気がしますね〜。
(気弱な根岸君役もクラウザー鏡ぬ鬚癲


PS:主題歌は・・・正直デスメタル系(?)の音楽はあんまり好きじゃないので、
普段の根岸君が歌ってる歌(甘い恋人)の方が好きですね〜。
ある意味また洗脳された気がします・・・(あまいあまいあまいあまい・・・)
映画(邦画:職業モノ) | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK