映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「流星の絆」の感想 | main | 映画「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」の感想 >>

映画「イキガミ」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
東宝
¥ 2,760
Amazonおすすめ度:

 【あらすじ】
国家により発行される死亡予告書、通称「逝紙(イキガミ)」。
それを受け取った人間は、24時間以内に必ず死亡する。
そのイキガミの配達人となった藤本は、死亡対象となった
若者にイキガミを届けに行くのだが・・・

【感想】
イキガミを受け取った、24時間以内に死亡してしまう若者が
その24時間でどういう生き方をするのか・・・というところが
主なストーリーなので、「生」という部分を強烈に
考えさせてくれる作品でした。

イキガミを受け取ってから24時間は生きていられる
ということで、少なくとも、事故や事件で急に
命を奪われてしまうよりは、有意義な死に方ができるのかな
とは思うんですが・・・やっぱり突然死んでしまうことには
代わりがなく、かわいそうというか理不尽な感じがしますね。

あと、主役の松田翔太さん・・・
主役なのになんか影が薄かったですね(笑)
まぁ主役といいつつイキガミを受け取った人が
主役みたいなもんなので仕方がないですけどね。

評価;★★★☆☆
映画(邦画:SF・ファンタジー) | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK