映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 小説「ターン」の感想 | main | 小説「プリズム」の感想 >>

小説「13階段」の感想

ブログランキング・にほんブログ村へ

評価:
高野 和明
講談社
¥ 680
Amazonおすすめ度:
 【あらすじ】
事件当時の記憶を失ったまま、死刑判決が下されてしまった樹原。
しかし、彼にはまだ冤罪の可能性が残されていた。
弁護士の依頼を受け、刑務官・南郷と、犯罪を犯し、出所したばかりの
青年・三上はともに樹原の冤罪の証拠を探すことにするのだが・・・

【感想】
「死刑」「冤罪」といった割と重いテーマを扱った作品ではあるんですが、
重苦しい感じではなく、意外と読みやすい感じで最後まで読めました。

犯罪を犯して出所したばかりの三上という青年が主人公なのですが、
「犯罪者」に対しての世間の目は冷たく、一度犯罪を犯してしまった人が
生きていくということは普通の人よりも大変なんだなと思いました^^;
(犯罪は、被害者だけじゃなくて、自分の家族も不幸にするんですね・・・)

ミステリとしては、ラストにドンデン返しがあったりして面白かったです。
途中までは作者の意図通りミスリードされてしまって
こいつが犯人だ!!ってずっと思ってたりしたんですが^^;
本 【高野 和明】 | comments(0) | -

スポンサーサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ
- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









AMAZON LINK