映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

映画鑑賞記録「本能寺ホテル」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
会社の倒産がきっかけで、婚約者からのプロポーズを受け入れ、彼の両親に会うために京都へとやってきた倉本繭子。彼女は、手違いにより、予約していたホテルに泊まることができず、たまたま見つけた「本能寺ホテル」に宿泊することにしたのであったが、不思議なことに、彼女がエレベータに乗るとそこはホテルの客室ではなく、本能寺の変が起こる直前の「本能寺」なのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆なかなかすごい展開で
--------------------------------------
たまたま泊まることにしたホテルのエレベータに乗ると、それは本能寺変直前の本能寺につながっていた!というお話。

まぁこれだけ読めばわかるかと思いますが・・・ありえねー!って感じのお話です(笑)

こういうのに物語の辻褄を要求しちゃいけないのはわかるんですが・・・

とにかくなんでもあり〜な感じなので、そのなんでもあり〜な感じを楽しむべきなんでしょうね。この映画は(笑)


なんでエレベータが本能寺につながってるの?(ありえん!)とか・・・

なんで主人公はそんなに本能寺に行きたがるの?(普通ならそんな怖い思いしたら二度と行きたくないでしょ!)とか・・・

なんでそんな簡単に怪しい主人公と信長が仲良くなっちゃうの?(やっぱりありえん!ですよね?)とか・・・


ほんとツッコミどころは満載なんですが…

まぁそんなわけわかんない感じひっくるめて、まぁ楽しい映画だったかなーって感じでした。。。

なんでこーなるの!?ってなのを楽しめる方なら面白いんじゃないかなーって思います。

--------------------------------------
☆京都風味の映画
--------------------------------------
あと、そうそう、この映画、現代では京都が舞台なので、京都チックな雰囲気はいっぱい楽しめる映画でした。

風情のあるお店から見える京都の風景とか、京都っぽい町並みをあるいてる感じとか。

あと、音楽も和風なテイストだったので京都っぽい雰囲気でしたね。

綾瀬はるかさんもどことなく京都が似合う感じがするし、映像と音楽も心地よくて

なんか見てると京都に行きたくなってくる、そんな雰囲気の映画でした。


★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「僕らのごはんは明日で待ってる」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
体育祭の競技「米袋ジャンプ」がきっかけで仲良くなった葉山亮太と上村小春。彼らはやがてつきあうようになり、きっとお互いにいずれは結婚するのだろうなと思うようになるのであったが…


【感想】
--------------------------------------
☆マイペースな恋愛映画
--------------------------------------
黄昏れてる青年と、明るい少女のふたりの男女が送るラブストーリー。

瀬尾まいこさんの原作が好き(だったような気がする)ので見てきました。

いつもの如く原作の内容をすっからかんに忘れてしまってたので、原作との比較はできませんが。。。


内容的には、ラブストーリーではあるんですが、山あり谷あり波乱万丈な展開!

…ではなくて、おっとりまったりした雰囲気なのがよかったです。

途中若干ベタな展開で山らしきものが訪れたりもしますが…

とことんマイペースな主人公がなんか見てて好感もてました(笑)


高校生のときから付き合って…

大学生のときはずっと一緒にいて…

働きだしてからも一緒だよーみたいな。

そんな恋愛したことないのでちょっといいなーと思ったお話でした。

★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
京都の美大に通う南山高寿20歳。彼はある日、電車で見かけた女性に一目惚れをした。勇気を出して声を掛け、付き合うことにも成功し、彼は幸せな日々を送ることになるのであったが、一目惚れしたその彼女には、実は重大な秘密が隠されていたのであった…。


【感想】
--------------------------------------
☆ぼくは明日、昨日のきみとデートする
--------------------------------------
電車でひとめぼれした主人公が、思い切って告白した相手と付き合いだすが

その彼女にはとある秘密があった…というお話。


その秘密については、物語のキモの部分なので秘密にしておきますが…

途中まで見ると「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の意味がわかるようになってるので

見る前のモヤモヤがちょっとスッキリしました。


そういう理由から、彼女はあの時涙を流してたのかー!とか、

だから彼女は、あの出来事を知ってたんだー!とか。


ただ、途中まではほんと幸せいっぱい!なカンジの2人なんですが

謎が明らかになると、一気に可哀想な2人になってしまうので、ちょっと見ていて切なかったです。。。


「秘密」のせいで、そう決断せざるを得ないってのは理解できるんですが…

「秘密」のせいで、そう生きなければならないってのはなかなかツライですね。。。


↑見てない人には意味不明な文章ですよね。すみません。。。

--------------------------------------
☆見た目は大事
--------------------------------------
あと、物語の序盤はやや野暮ったい風貌をしてる主人公なんですが…

付き合い始めてからだんだんカッコよくなっていく感じが見ていて面白かったです。

まぁ元がいいので、普通にしてればカッコよくなるのは当たり前なんですが…

髪型とかメガネとか服装とかで、意外とダサくなるもんなんだなーとちょっと思いました(笑)

ファッションってやっぱり結構大事なんですね。


★★★★☆

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:映画

 

映画(最近) | comments(0) | -

読書記録「私が失敗した理由は(真梨幸子)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
順風満帆な人生を送っていたはずが、色々な出来事が重なり、とてもそうは思えない人生になってしまった落合美緒。そんな彼女は、身近で殺人事件が起こったことがきっかけで、転落人生を送っている人の本を出せば面白いのでは、と思いつく。『私が失敗した理由は』というタイトルを付けた本の出版を彼女は目指すのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆なかなかすごいストーリーで…
--------------------------------------
転落人生を歩むことになった人の話をまとめた「私が失敗した理由は」という一冊の本。

その出版に向けて、2人の男女が、転落した人々に取材をする、というお話なんですが…

途中からストーリーが急展開を迎えて、これでもかっ!っていうくらい人が死にまくるのがある意味痛快でした(笑)

新しい登場人物が出てきたと思えば死に、また出てきたかと思えば死に…

えっと、この人はこの人とどういうつながりなんだっけ?と相関図を描かないとわけわからなくなりそうなくらい

いろんな人が出てきては死んでいくお話でした(笑)

普通はこれくらいばっさばっさと死んでいくとなんなのこの小説!ってなっちゃうんでしょうけど…

呆れるくらい人が死んでいくので、逆に読んでて面白かったです。

あの人はこういう事情で死に、この人はこういう事情で死に、その人はそういう事情で死に…

登場人物の皆さん、ものすごい波乱万丈な死に方をなさってるのである意味目を話せない展開でした。。。


正直言って、万人受けする小説では決してないですが、割りと好きなお話でした。

紹介してくださったヨッコさん、どうもありがとうございました。

JUGEMテーマ:読書

本 【真梨 幸子】 | comments(0) | -

読書記録「遊園地に行こう!(真保裕一)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【感想】
遊園地を舞台にしたエンタテインメント小説ですかね。

遊園地で働くスタッフ、常に笑顔で踊り続けるダンサー、裏方のメンテナンスの整備員。

そんな、遊園地で働く人々のエピソードが出て来るんですが…

普段あんまり遊園地のことなんて考えないので、新鮮な気持ちで読むことができました。

途中から、遊園地内発火事件とか、脅迫状が届いたりしてなかなか過激になっていくんですが…

それを差し引いた普通のお仕事小説としてもなかなか面白いと思った作品でした。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆神様のいたずら
--------------------------------------
インフォメーションセンター担当のスタッフとして働くことになった新人くんのお話。

顔に傷があることがコンプレックスで、接客業には自信がないと常々思っていた彼なんですが…

予想に反して生き生きと仕事をしていくような雰囲気になっていったのが印象的でした。

まぁ自信がないからといって、できないって決めつけてもやってみないとわからないって面もありますからね。

主にクレーム担当なので、理不尽な思いをすることも多そうで、読んでて大変な仕事なんだろうなーって思ったんですが…

それ以上になんかやりがいもあるようで、なかなか面白そうな仕事でもあるのかなって思ったお話でした。

--------------------------------------
☆夢へのステップ
--------------------------------------
パレードで踊っているダンサーのお話。

パレードや劇場で、一日中踊っていなきゃならないだけあって、体力勝負なこの仕事。

スキルも容姿も当然求められるのは当たり前なんですが…

それに反して薄給っていうのがなかなか世知辛いなーって思いました。

しかも、少しでも怪我とかしたら、降ろされて若手に仕事を奪われてしまうという弱肉強食の世界。

踊るのがただ好きなだけじゃやってけないんですね。。。

夢を追いかけて、遊園地から卒業していく人、挫折して夢破れていなくなる人

遊園地のダンサーってみんな苦労してるんだなーって思ったお話でした。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【真保 裕一】 | comments(0) | -

2016年のお気に入り映画

ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年に見た映画のまとめです。
2016年に見た映画は61本らしいです。
前年は48本だったので、こちらは何故かアップ(笑)
まぁ、現実逃避しまくった成果ですかね。
本は読めなかったですが、映画は見まくれたので
まぁよかった1年だったのかなとも思います。

で、今までレビューしてきたうち
★5個のお気に入り作品は以下の19作品でした。
前年は13作品だったので、こちらもアップ。
意外と面白い作品が多かったのかなって思います。

で、以下がその18作品です。

・ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
・オケ老人!
・グッドモーニングショー
・聲の形
・ハドソン川の奇跡
・ゴーストバスターズ
・怒り
・君の名は
・青空エール
・シン・ゴジラ
・植物図鑑
・高台家の人々
・アイアムアヒーロー
・殿、利息でござる
・シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
・ちはやふる -下の句-
・あやしい彼女
・ちはやふる -上の句-
・オデッセイ

こちらも記憶がだいぶあやふやなので順位付けはやめときます。。。
いっぱい見たのに忘れていくの悲しい。。。(T_T)

- | comments(0) | -

2016年のお気に入り本

ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年に読んだ本のまとめです。
2016年に読んだ本は55冊でした。
前年は63冊だったので…8冊ダウン。
ピークだった2011年は201冊だったので
ほぼ4分の1ですね。。。
なんか寂しいような悲しいような。。。

で、今までレビューしてきたうち
★5個のお気に入り作品は以下の13作品でした。
前年は16作品だったので…こちらもダウン。
うーん。やっぱり寂しいな。。。

・君の名は。Another Side:EarthBound(加納新太)
・たまちゃんのおつかい便(森沢明夫)
・市立ノアの方舟(佐藤青南)
・夢幻花(東野圭吾)
・真実の10メートル手前(米沢穂信)
・うどんの時間(山下貴光)
・満願(米沢穂信)
・1981年のスワンソング(五十嵐貴久)
・3時のアッコちゃん(柚木麻子)
・万能鑑定士Qの事件簿機幣床圭祐)
・店長がいっぱい(山本幸久)
・ふたつの星とタイムマシン(畑野智美)
・学園天国(五十嵐貴久)

ベスト5をあげようかと思ったんですが
こちらも昔のやつ、記憶の彼方にぶっ飛んでるので
とてもじゃないですが順位付けはできそうもないです。。。

なんかいろんな意味で悲しい。。。
 

年別お気に入り本・映画 | comments(0) | -

2016/11-12総括

ブログランキング・にほんブログ村へ

11-12月総括です。

11月はまとめられず、今月も2ヶ月分です。
…って気がつけば大晦日。なかなか忙しいです。
1年のまとめもしようと思ったんですが、
時間がなくてできなかったので、来年頭にでもやりたいです。。。

ちなみに11-12月に読んだ本は6冊、見た映画は17本でした。
読書欲は復活せず、あんまり読めなかったんですが
映画の方はなんか本数すごいことになってますね。。。
とりあえず、見たい映画は全部見れたので(無理矢理見たので)
自分的には満足ですねー。

来年もいっぱい面白い映画&本に出会えたらいいなって思います。
(読書欲も復活することを願います。。。)


以下、オススメ本・映画の紹介です。
[オススメ本]
●君の名は。Another Side:EarthBound(加納新太)
⇒君の名はのアナザーストーリー集。映画では語られなかった部分が語られてて面白かったです。映画見た人必読の1冊ですね。

●たまちゃんのおつかい便(森沢明夫)
⇒過疎高齢化を迎えた町のためにたまちゃんがおつかい便をはじめるというお話。なかなかいろいろ考えさせられるお話でした。

●市立ノアの方舟(佐藤青南)
⇒動物園再興のお話。意外と知らなかった動物のエピソード満載でおもしろかったです。あと、前向きな気分になれました。


[オススメ映画]
●ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
⇒ハリポタ作者の新シリーズ。ハリポタ好きなら楽しめる作品です!

●オケ老人!
⇒老人ばかりのオーケストラ復活のお話。ちょっと強引だけど再興モノは見てて元気になれますね。

●グッドモーニングショー
⇒朝のワイドショーの裏側を描いたコメディ。ハチャメチャな感じがすきな作品でした。


[読んだ本]
・★★★★★ 君の名は。Another Side:EarthBound(加納新太)
・★★★★☆ 王とサーカス(米沢穂信)
・★★★★☆ 陽気なギャングは三つ数えろ(伊坂幸太郎)
・★★★★★ たまちゃんのおつかい便(森沢明夫)
・★★★★★ 市立ノアの方舟(佐藤青南)
・★★★★☆ 何様(朝井リョウ)

[見た映画]
・★★★★☆ 海賊と呼ばれた男
・★★★★☆ 疾風ロンド
・★★★★★ ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
・★★★☆☆ ボクの妻と結婚してください。
・★★★★★ オケ老人!
・★★★☆☆ 聖の青春
・★★★★☆ この世界の片隅に
・★★★★☆ 金メダル男
・★★★★☆ インフェルノ
・★★★★★ グッドモーニングショー
・★★★★☆ デスノート Light up the NEW world
・★★★☆☆ ミュージアム
・★★★★☆ 湯を沸かすほどの熱い愛
・★★★★☆ 何者
・★★★★☆ 少女
・★★★★☆ 真田十勇士
・★★★★☆ 四月は君の嘘

[最近見ているテレビ/動画]


・真田丸
⇒終わってしまった真田丸。今まで真田についてよく知らなかったんですが、真田ファンになりました。カッコいい!

・逃げるは恥だが役に立つ
⇒ガッキーかわいい!だけではなく、素直にストーリーも面白かったです。みくりちゃんと平匡さん、いいなー。

・地味にすごい!校閲ガール
⇒1話完結型なのと、終始明るい雰囲気なのが見ていて楽しいドラマでした。続編やってほしい。

・砂の塔
⇒人間関係ドロドロしててどうなっちゃうの!?的な意味で続きが気になってたドラマでした。最後はちょっと強引かなって思えなくもないけど面白かったドラマでした。


・響け!ユーフォニアム
⇒dアニメにて1シーズン目だけ視聴。高校の吹奏楽部のお話。意外と人間関係が濃くって面白かった作品。

・夏目友人帳 伍
⇒dアニメにて5シーズン目を視聴。妖怪が見える男子高生のお話。妖怪ものなのにほんわかしてる雰囲気がすごく好き。

・Re:ゼロから始める異世界生活
⇒dアニメにて視聴。死んだら過去からやり直せるお話。意外と魅せるのがうまくて続きが気になった。

・キングダム第2シリーズ
⇒dアニメにて2シーズン目を視聴。秦の始皇帝の部下が中華でのし上がっていく話。戦記物好きなので面白かった。

[ブログアクセス数メモ]
合計 :202189

月別お気に入り本・映画 | comments(0) | -

読書記録「君の名は。Another Side:EarthBound(加納新太)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
大ヒット中の「君の名は」のアナザーサイドストーリ集。

急に入れ替わってしまって困惑してる瀧くんとか、急におかしくなってしまってびっくりしてるテッシーとか四葉とか…

ちょっと意味がよくわからなかった映画の結末の真相(!)とかいろんなエピソードが満載で楽しめました。

こういうアナザーサイドストーリー集って他のキャラクターの思いが見えるので面白くていいですね。

また改めて「君の名は」を見たくなりました。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆ブラジャーに関する一考察
--------------------------------------
何故か三葉の身体と入れ替わってしまった瀧くんのお話。

映画では何故か胸をモミモミしてるシーンが印象的だった瀧くんなんですが…

何を思って胸をモミモミしてたのかが描かれていたのが面白かったです。

まぁ男なら、突然おっきくなってしまった(?)自分の胸、もんでみたい気持ちもわからなくないですよね(笑)

話的には映画と一緒ではありますが、女子になってしまって苦労してる瀧くんの苦悩も垣間見えて面白かったです。

--------------------------------------
☆アースバウンド
--------------------------------------
急にお姉ちゃんがおかしくなってしまってびっくりしている四葉のお話。

まぁ姉が突然男っぽくなったり、自分の胸をもんで喜んでたりしたら、妹としては心配になっちゃいますよねぇ。。。

しかも、話が進むにつれてどんどんおかしなことを言い出す姉。

普通に考えたら、そんな姉に振り回される妹も可哀想だったんだなーって思ってしまったお話でした。。。

--------------------------------------
☆あなたが結んだもの
--------------------------------------
瀧くんと入れ替わってしまった三葉のお父さんのお話。

こちらは、やや時間が遡って、三葉のお父さんが、三葉のお母さんである二葉と出会う頃の話なんですが…

映画では頑固でわからずや!みたいな感じで描かれてたので、お父さんの若かりし頃のエピソード、楽しく読めました。

何故二葉と結婚したのか。何故三葉と四葉を捨てて家を出てしまったのか。何故政治家を目指したのか。

映画ではわからなかったエピソード満載で興味深く読めました。

そして、極めつけは、映画ではわからなかった映画のクライマックスシーンの謎!!

あのときあんな態度をしていて、そのままだと絶対あのラストにはならないはずなのになんであのラストに向かったのか!

その謎が解けたので、なんか読んでてスッキリな感じでした。

映画を見た方、こちらも必読な一冊だなーと思ったお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

映画鑑賞記録「海賊と呼ばれた男」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
敗戦後の1945年。石油会社を経営する国岡鐡造は、欧米の石油会社メジャーからの圧力にも屈せず、自力で経営を広げようとするのだったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆展開速い!
--------------------------------------
本屋大賞も受賞した百田尚樹さんのベストセラーの映画化作品。

出光興産の創業者がモデルだそうで、大正時代の創業時代から、戦後の激動の時代までを描いてます。

なので、2時間半という上映時間の中だと、すごくギュッと詰め込んだ感じで駆け足な展開だったなーって印象でした。

若い頃からスタートしたのに、いつのまにか中年になって、老人になって…な感じ。

たぶん原作の方なら各時代それなりのページ数を使って濃く描いてるんだとは思うんですが…

映画だと各時代時代が短すぎるので、なんかあの登場人物あっというまにいなくなっちゃったなーとか

大きな問題だったと思うのに割りとあっさりとクリアしちゃったなーとかそんな印象を受けました。。。

こういう時代物って結構好きなんですけど、やっぱりあっさり進みすぎてる感じがするので

原作の方をじっくり読みたいですね。

--------------------------------------
☆映像は凝ってるなーと
--------------------------------------
あと、作品の方、大正から戦後にかけての話なので…

それぞれの時代にあった雰囲気がすごく凝って作られてるなーってのが印象に残りました。

大正時代のどことなくノスタルジックを感じさせる町並みに…

戦後時代のどことなく野暮ったいというか昭和っぽい雰囲気の服装とか。

主役の岡田くんのメイクも年に応じて老けさせていっているようで…

最後の方、しわくちゃのおじいちゃんになってたので、すごいメイクだなーって感じでした。


★★★★☆

映画(最近) | comments(0) | -
AMAZON LINK