映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

読書記録「ビブリア古書堂の事件手帖7(三上延)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
ビブリア古書堂の女店主である栞子の祖父が遺したとされる劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。彼女は、運命とも呼べるような導きにより、その謎の真相に迫ることになるのであったが…。


【感想】
--------------------------------------
☆いよいよ最終巻
--------------------------------------
人気シリーズ、ビブリア古書堂の事件手帖の最終巻ですね。

人気シリーズだし、書こうと思えばまだまだ続きそうな感じでもあったので

まだしばらくは続くのかなーと思ってたんですが…

意外と、きっちりと終わりを迎えたんですね。

ちょっと寂しい感じもしますが、ちゃんと終わりを迎えてよかったなーって感じでした。

--------------------------------------
☆シェークスピアも謎いっぱい?
--------------------------------------
ストーリーとしては、栞子さんのおじいさんとか、お母さんとか、おばあさんが出てきて

なんだか壮大な家族の話になっちゃってるので若干ついていけなかった感じがしなくもないですが…

大金を掛けての一大勝負、真相はどこにあるのか、先が読めなかったのでなかなかおもしろかったです。

特に、シェークスピアの、初版本である「ファースト・フォリオ」を巡る、うんちく話、

全く知らないことだらけだったので、すごく興味深く読めました。

何気にシェークスピアも全く読んだことがないので、ちょっと読んでみたくなりました。

タイトルだけは意外と知ってるのも多いんですけどねぇ。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【三上 延】 | comments(0) | -

読書記録「はるなつふゆと七福神(賽助)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
ディスカヴァー・トゥエンティワン
---

【あらすじ】
突然の会社のクビにより途方に暮れていた榛名都冬(はるなつふゆ)。そんな彼女は、ある日、家に小さい老人たちがいることに気づく。福禄寿と寿老人と名乗る彼らはまさかの七福神であり…。

【感想】
--------------------------------------
☆七福神いっぱい!
--------------------------------------
ひょんなことから無職になってしまった榛名都冬のもとに、次々と七福神が現れるというお話。

自分もなんだかんだで七福神巡りは結構してたりもするんですが…

布袋尊とか、弁財天とか、恵比寿さま、大黒さま、毘沙門天なら知ってるんですが

意外と、他の所属しているメンバーのことは認識してなかったので

こういう人たちがいるんだーってのを改めて実感できてなかなか楽しいお話でした。

特に、寿老人と福禄寿の2人は…確かに知名度は低そうですよね(^_^;)

知名度が低いのをなんとかしたいっ!ってブログを始めちゃうあたりなんか可愛かったです(笑)

ちなみに、場所によって七福神ってメンバーが違うんですね…

あと、場所によって吉祥天がいたりいなかったりするのも初めて知りました。。。

七福神って正式にメンバーが決まってるわけじゃないんですね。。。

--------------------------------------
☆意外とスリリングな展開へ
--------------------------------------
あと、序盤は割りとのほほんとした展開だったんですが…

後半になるにつれてなんか意外な展開になっていくのがびっくりでした。

まさかのバトルモノ!?みたいな(笑)

なんかちょっと展開についていけなかったのが残念だったんですが…

全体的には結構好きな雰囲気のお話だったのがよかったなーって思った作品でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「海の見える理髪店(荻原浩)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
確か直木賞受賞作でしたっけ?これ。。。

かなーり久しぶりに読んだ荻原浩作品でした。

久しぶりに読んでみた感じとしては…

荻原浩さんってこんな文学チックなストーリー書く人でしたっけ?って感じでした。。。

正直もっとエンタメ系な話が好きなので、ちょっと物足りなかった作品でした。

あと、「海が見える理髪店」の連作短編集なのかと思ってたんですが

全然関係ない短編集だったんですね。。。

理髪店のお話、もうちょっと読みたかったです。。。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆遠くから来た手紙
--------------------------------------
夫と喧嘩して実家に帰った妻のもとに、謎のメールが届くというお話。

差出人は見知らぬアドレスなものの、文章の内容からするときっと夫からのメール。

でも、中身はなんだかずいぶん古風な文体。

どういう意図があって?っていうストーリーなんですが…

ことの真相は、ちょっと怖いんだけど、ちょっとほっこりするような、なんかいい話だなーと思えたお話でした。

普段は意識しないけど、かつては夫も少年だったし、自分も少女だったし、家族もみんな若かったし…

みんなそれぞれ同じ人なのに、当時とは誰一人同じ人はいない、なんかそんなことも感じさせてくれてお話でした。。。

--------------------------------------
☆成人式
--------------------------------------
かつて亡くなってしまった娘の変わりに両親が成人式に出よう!というお話。

自分は子供がいたことはないし、ましてや亡くしてもいないので彼らの気持ちはわからないですが…

成人式世代の子供からしたら、その親が自分たちに混じって成人式に来てたら、うわっ引く!って感じになる気持ちもわかりますね。。。

ただ、娘を亡くした悲しみを何年たっても忘れられず、まるで時が止まったままの2人が

ようやく前を向いて歩き始められたのかなーってのはなんかいい感じでした。


しかし、成人式とか、ついこないだのような気がするんですが、

既にその倍の年齢が自分に近づいてるっていう現実が恐ろしすぎると感じました。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【荻原 浩】 | comments(0) | -

読書記録「クローバーナイト(辻村深月)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
子育て真っ最中の2人の夫婦のお話。

子供が出てきてー育児の話が出てきてー、これってほんとに辻村さん?って思ってしまったんですが…

しっかりミステリになっていて安心しました(笑)

ただ、育児ネタでもちゃんとミステリやってるって辻村さんらしくていいですねー。

育児なんて自分には縁がないのっで、全く知らなかったことだらけですが…

保活とかママ友とか子育てとか親との教育方針の違いとか、いろいろ面倒なことが多そうで大変だなーって思ってしまったお話でした。。。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆お受験の城
--------------------------------------
小学校受験のお話。

これまた自分には全く縁のない話ではあるんですが…

少しでもいいところに入るために、幼稚園児の頃から頑張って…

ってやってる人ってたくさんいるんですね。。。

子供のうちくらい伸び伸び育てて欲しいなーなんて思うんですが…

小学校受験、子供も大人もすごく大変そうだなーと思ってしまったお話でした。

あ、そうそう、これのミステリネタですが…

昔の同級生がママ友からハブられているっぽい。何故?って感じのお話だったんですが…

ママ友の人間関係…仲間であると同時に受験の敵ってなるのはなかなかシビアだなーって感じでした。。。


--------------------------------------
☆秘密のない夫婦
--------------------------------------
とある事情を巡って親子で対立をする話。

まぁ実の母親も義理の母親も、どちらも昔に母親を経験したベテランなわけで

いろいろ口出しをしたくなるのもわからなくもないんですが…

ここに出てくるお母さん、ものすごーくウザっ!って感じで不快でした。。。


自分が全て正しい。

孫のためを思って言ってるのに。

自分を正当化して、息子や娘の考え方は間違ってると決めつける。

こんな人、身近にいたらキレそうなお話でした(^_^;)

JUGEMテーマ:読書

本 【辻村 深月】 | comments(0) | -

読書記録「院内カフェ(中島たい子)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
中島たい子
朝日新聞出版
¥ 1,512

【感想】
とある病院内にあるカフェのお話。

病院という独特な場所ではあるものの、

カフェが舞台なのできっとハートウォーミングなストーリーなんだろうなーと思いつつ読んでみたんですが…

まぁハートウォーミングなのは間違いないんですが、意外と内容が薄かったなーって印象でした(^_^;)

意外とさくっと読み終わってしまったので、もうちょっと奥が深いとよかったかなーって思いました。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆1(カフェの店員さんのお話) 
--------------------------------------
院内で働く女性のお話。

病院内のカフェなだけあって、訪れる客層は、普通のお店とはちょっと違ったお客さんばかり。

1人でぶつぶつと変なことを言っている人がいたり…

病人なだけあってフラフラした感じの人がいたり…

はたまたちょっと偉そうなお医者さんがいたり。

みんなそれぞれそこを訪れる理由はさまざまではあるんですが…

病院というちょっと重苦しい中にある憩いの場みたいな雰囲気はなんかいいなーって感じでした。

病人に甘いものとかはあんまりよろしくないのかもしれませんが…

たまにはちょっと一息、って空間があるのもいいですね。

--------------------------------------
☆2(カフェに来ていた女性のお客さんのお話)
--------------------------------------
突然、店内で旦那と思しき男性にソイラテをぶちまけた女性のお話。

彼女はなぜカフェでそんな行為を行うに至ったのか。

最初に出てきた印象としては、気が強そうで、病人の旦那さんに愛想が尽きて喧嘩になったのかなーって感じだったんですが…

彼女の歩んできた道のりはなかなか険しかったようで、人生何が起こるかわからないなーって感じでした。

介護介護ばかりの人生じゃ疲れますよね。やっぱり。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「古書カフェすみれ屋と本のソムリエ(里見蘭)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
古本屋とカフェが融合した古書カフェすみれ屋で繰り広げられるミステリですね。

古本屋が舞台なので、もちろん出てくるネタは本関連のお話。

次々に訪れる難問をちゃちゃっと解決しちゃってるので、

そんなに上手く行くわけねーだろ!って感じではありますが…

本好きとしては読んでて心地よい作品でした。

本を読みつつ、美味しい料理も食べられる場所ってなかなか素敵ですね。

(お店的にはあんまり儲からないかもしれないけど…)


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆ランチタイムに待ちぼうけ
--------------------------------------
ランチタイムに一人で訪れて、待ち合わせだと言ってテーブル席に陣取り、何時間もコーヒー一杯で居座るお客さんのお話。

客が少ない時間帯ならばともかく、ランチタイムに一人で訪れてコーヒー一杯で居座るって

店側からしたら非常に有難くないお客さんかと思いますが…

そんなお客さんでも決して邪険に扱わず、丁寧にお客様として交流していく感じがなんかよかったお話でした。

なんでランチタイムに一人で来て居座ってたのかは大した理由じゃなかったんですが…

まぁ読み心地はよかったお話でした。


--------------------------------------
☆百万円の本
--------------------------------------
母と息子の2人でよく訪れる常連さんのお話。

息子は反抗期になって困っちゃうーというようなお話だったんですが…

急に息子が母親に反抗的になった理由がまたミステリな感じで面白かったお話でした。

でも、そんな複雑な家庭の事情、ちょこっと会っただけじゃわかるわけないでしょー!

ってツッコミを入れたくもなったお話でした(笑)

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

映画鑑賞記録「美しい星」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
ごくごく普通の家族として平和な日々を送っていた大杉家の一家四人。だが、彼らのもとに突如として宇宙からの円盤が現れたのをきっかけに彼らは覚醒していく。父は火星人、娘は金星人、息子は水星人だったのだ。それぞれの使命に目覚めた彼らは、それぞれの生き方を始めることにするのであったが…。


【感想】
--------------------------------------
☆ぶっとんでる映画。。。
--------------------------------------
父親が火星人で、娘が金星人で、息子が水星人な家族のお話。

父親はある日突然、太陽連合からのメッセージを発信するようになり…

娘はある日突然、処女のまま金星人の子供を身ごもったといい…

息子はある日突然、水星人に仕えているという。

唯一の母親もマルチ商法にハマり…

…というかなりぶっ飛んだ設定なので結構笑えました(笑)

冷静に見ると、頭のおかしい人がいっぱい出てるー!としか思えないんですが…

それまた真剣に演じてるのがおかしいですね(笑)

宇宙人が実在するかは知らないですが…

突然宇宙と交信し始めたらちょっと引きますね(^_^;)

--------------------------------------
☆シュールで面白い
--------------------------------------
あと、実際に彼らが宇宙人なのか、そうでないのか

微妙にすれすれなところを行ったりきたりしてたのも面白かったです。

彼らはホンモノの宇宙人なのか。

それとも、単にアタマがおかしくなってしまっただけなのか。

たぶん三島由紀夫の原作とは結構違うんでしょうが、原作に興味が湧きました。

★★★★★

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「メッセージ」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
突如現れた巨大な宇宙船。人類とは交信する手段もなく、人類は皆、途方にくれるのであったが、そんな中、言語学者たちは、必死にも彼らとの対話を試みるのであった。。。

【感想】
--------------------------------------
☆宇宙人との対話
--------------------------------------
突然現れた宇宙人に対して、「対話」を持ちかけるというお話。

当然のことながら、人間とは話す言語も、書く言語も異なるわけで…

相手が何を言っているのか何もわからない状態からの

意思疎通を試みるってのはなんかすげー大変だなって感じでした。。。

しかも、相手は未知の姿をした宇宙人。。

下手をしたら未知の武器で殺されてもおかしくない状態で交渉するのっては…

なかなか命がけでしんどい仕事だなーって感じでした。

ただ、言葉が通じないからって武力で追い払おう!みたいなのは横暴ですよね(^_^;)

--------------------------------------
☆彼らのメッセージとは
--------------------------------------
あと、この作品「メッセージ」ってタイトルの通り

宇宙人からの「メッセージ」が重用なポイントになってくるのかと思うんですが…

なんかその「メッセージ」とその後の展開がちょっと強引だなーって感じでした。。。

まぁ100歩譲ってメッセージはいいとしても、あの終わり方が無理あるでしょ。。。

途中までは面白かったので、なんかちょっと残念だったなーと思ってしまった映画でした。。。


★★★☆☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「美女と野獣」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
魔女の呪いによって野獣と化してしまった王子。彼は、やがて人々からも忘れ去られた存在となるのであったが、ある日、とある老父に城への侵入を許してしまう。枯れると人間には戻ることができなくなるという大事なバラを奪われそうになった彼は、その老父を城に閉じ込めるのであったが、そんな老父を助けるため、美しい少女が城へとやってくるのであった…。


【感想】
--------------------------------------
☆ミュージカル楽しい
--------------------------------------
ご存知、美女と野獣が恋をするというお話。

予告編を見ていて、ミュージカル楽しそうだなー、映像キレイだなーと思ってたんですが…

実際に本編を見てみて、楽しげなミュージカルと美しい映像が魅力的な映画でした。

やっぱりミュージカルって楽しげなのがいいですよね。

主人公の美女も、野獣も、その回りの個性豊かな従者たちも歌って踊りまくり。

魅惑的な世界観にどっぷり浸れて楽しめた作品でした。

--------------------------------------
☆意外と感動モノ。。。
--------------------------------------
あと、ストーリーは知ってたんですが…

ラスト直前の部分の物語の展開がちょっと切なくなりました。。。

結末は知ってるのに…ちょっとうるうる。。。。

意外といい話だなーって感じでした。


★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「バーニングオーシャン」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
メキシコ湾沖80キロメートルにある石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で、爆発事故が発生した。海上で発生したその事故は、瞬く間に施設全体へと広がり、作業員126が巻き込まれる事態となるのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆スリリングで凄まじい映画
--------------------------------------
なんだかよくわからないまま友人に連れられて見た映画。

アメリカで発生した油田爆発事故の映画化作品なんですね。

この事故、もっと小規模で油田が燃えちゃったのかーって程度の認識だったんですが…

この映画見たら180度認識が変わりました。。。

海の真ん中の「油田」という閉鎖された場所で起こった大爆発事故だったんですね。。。

海上の閉鎖された場所で爆発なんて起これば、当然すぐには助けなんてくるはずもなく…

しかも、燃えているのは「油田」。

炎上・爆発・炎上・爆発を繰り返す映像には目が離せませんでした。。。

ほんと、やばいとしかいいようがないですね。

--------------------------------------
☆命を掛けるってすごい
--------------------------------------
でも、そんな中でも、必死になって被害を食い止めようと必死になって動いてる人はすごいなーって思いました。

燃え盛り爆発を繰り返す炎の中に向かっていくなんて正気の沙汰じゃないのに

まだ取り残されてる人がいる!自分がいかないと全員が死ぬ!

そんな心意気で進んでいく人たちにはほんとに畏敬の念を覚えました。。。

我先にと真っ先に逃げようとするのは論外ですが、命を掛けて誰かを助けに行こうってのは

自分には無理だろうなぁと感じました。。。

--------------------------------------
☆人災なのが悲しい
--------------------------------------
あと、これがもしも、防ぎ用のない事故だったのならばわからなくもないですが…

「人災」だったのはほんと酷い話ですね。。。

テストの結果が明らかに「異常」を示してるのに無視して作業を進めようとする責任者。

スケジュールの遅れが問題なのはわかりますが、人命がかかってるのに強行突破はしちゃいけませんね。。。


★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -
AMAZON LINK