映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

読書記録「手のひらの京(綿矢りさ)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
綿矢 りさ
新潮社
¥ 1,512

【あらすじ】
おっとりした長女・綾香。恋愛に生きる次女・羽依。リケジョの大学院生の凜。そんな3人は京都に生まれ京都に育ち、それぞれの人生を歩んで来たのであったが…

【感想】
--------------------------------------
☆3姉妹の生き方
--------------------------------------
京都に住む、3姉妹のお話。

長女はアラサーの結婚適齢期で、結婚は考えているけれど彼氏がいない女性。

次女は20代で美人でバリバリ働いているけれども、その一方で人間関係は苦手で、何故かいつもドラブってしまう女性。

三女は大学生で、毎日楽しく過ごしているけれども、京都で生まれ京都で育ち、一生京都から出られないのではないかと思ってしまっている女性。

姉妹とはいえ、個性がバラバラな三人の生き方がなかなか面白かったお話でした。

まぁ自分は男なので女性の気持ちはあんまりよくわからないですが…

結婚について悩む、人間関係で悩む、将来について悩むのはみんな一緒ですね(笑)

そこんところは共感できました。

--------------------------------------
☆京都な感じ
--------------------------------------
あとは、舞台が京都なだけあって、京都っぽい雰囲気がいいなーって思いました。

ちょっと琵琶湖まで遊びに行く〜とか、

自分の家から大文字焼きが見える〜とか、

初詣は伏見稲荷で〜とか。

自分は旅行でしか行ったことないんで、そこら辺に住んでる〜っていう感覚があんまりわからないんですが

やっぱり、東京とはちょっと(かなり?)習慣とか考え方は違うんでしょうね。

大阪とか奈良とか滋賀が近場で東京はすごく遠く!って感覚、なんか不思議な感じでした。

(あたりまえなんだけど)

JUGEMテーマ:読書

本 【綿矢 りさ】 | comments(0) | -

読書記録「100億人のヨリコさん(似鳥鶏)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
---
---

【あらすじ】
某大学キャンパスの奥の奥、人知れず「富穰(ふじょう)寮」という極貧学生寮が存在した。そこには、奇抜な学生たちが住んでおり、日々妖しげな生活を送っていたのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆こわーい学生寮
--------------------------------------
激安で、なんかちょっと変わった人たちが住む寮に引っ越したところ、体中から血を流している「ヨリコさん」が見えるようになってしまったというお話。

タイトルからは何の話なのか想像もつかなかったんですが…

まさかのホラーでした(笑)

しかも、「100億人の」とついている通り、そこらじゅうに「ヨリコさん」が現れるように…。

普通の人には見えない「ヨリコさん」がやたらと出没するようになったら、そりゃあ怖いですよね。。。

寝て目が覚めると、天井に血だらけのヨリコさんが張り付いてこっちを見ている。

トイレに行くと、ヨリコさんから流れ出た血が水の変わりに流れてくる。

1人で部屋にいると、ヨリコさんが部屋に入ろうと、ドアをガチャガチャやってくる。

こわい。こわすぎです。そんな寮絶対に住みたくない。。。

--------------------------------------
☆ヨリコさんこわーい
--------------------------------------
で、そんなこんななお話なんですが…

後半に進むにつれて、「ヨリコさん」がパワーアップしていくのがすごかったです。。。

普通に歩いてると、突然目の前に現れるヨリコさん。

車を運転してても、突然フロントガラスの前に現れるヨリコさん。

飛行機を運転してても、突然空に現れるヨリコさん。

怖い。。。怖いですって!!

終盤はなんか強引に終わらせたような気がしなくもないですが、

なんか似鳥さんっぽくない似鳥作品、こういうのもありなのかなーと思った作品でした。

(個人的にはこういうホラーじゃなくてミステリの方がいいですね)

JUGEMテーマ:読書

本 【似鳥 鶏】 | comments(0) | -

読書記録「本屋さんのダイアナ(柚木麻子)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
大穴(ダイアナ)と名付けられ、髪も金髪に染められ、キャバクラに勤めている母も嫌いだった大穴。だが、そんな彼女に小学3年生のある日、彩子という友達ができた。本が好きという趣味もあい、2人はやがて親友となっていくのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆本好きなふたりの半世紀
--------------------------------------
本が好きだったふたりの少女のお話。

小学時代は親友!だったはずなのに、ひょんなことから

違う道を歩み始めることになってしまったふたり。

小学時代から大人になるまでを描いているので…

ある意味ふたりの半生記を読んでるみたいな感じで読めました。

小学時代は仲良くても、だんだん大人になっていく過程で

いつのまにか疎遠になっちゃう関係ってありますよね。

自分の学生時代も思い出しつつ、ちょっと懐かしい気分になれたお話でした。

--------------------------------------
☆人生に影響を与えた本とか
--------------------------------------
あと、本好きな主人公!ということで、本について熱く語ってるシーンが印象的でした。

自分も本好きではあるんですが、自分の人生を変えた!とか

熱く語れるほど好きな本ってないんですよね。。。

それだけ好きな本があるってのはちょっとうらやましいなって思ったお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【柚木 麻子】 | comments(0) | -

映画鑑賞記録「散歩する侵略者」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
ある日、行方不明になったことがきっかけで、まるで別人のようになってしまった真治。彼の妻である鳴海は、はじめはふざけているのかと思うのであったが、自分は宇宙人だと言い出し、彼の周りで不可解な現象が起こり始めると、彼の言葉を信じるしかないのであった…。


【感想】
--------------------------------------
☆普通に生活する宇宙人
--------------------------------------
ある日、旦那が帰ってきたら、まったく別人になっていた…というお話。

といっても、見た目は全く同一人物。でも、中身は宇宙人。

っていう展開がなかなかシュールでした(笑)

しかも、宇宙人がやってきた目的は「地球侵略」…(笑)

ストーリー自体はなんかわけわかんねー!って感じではあるんですが…

真面目な表情で、ありえない行動を起こしまくる宇宙人たちが

エキセントリックでなかなか面白かったです(笑)

拳銃バンバン。機関銃ババババーン。ミサイルドドーンな感じ、面白かったです。

↑わけのわからなさが感じられるとありがたいです。。

--------------------------------------
☆みなさん演技がやばい
--------------------------------------
あと、テーマは「愛は地球を救う」?みたいな感じらしいんですが…

旦那がおかしくなっちゃった!

からの奥さんの必死ぶりもなかなかよかったです。

まぁいきなり自分は宇宙人だとか言い出したらやばいですよね。。

妻は夫(宇宙人)を愛し続けられるのか。

なかなか複雑でシュールな展開でした。。。

★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「あさひなぐ」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
二ツ坂高校に通う1年生、東島旭は、ある日、なぎなた部があることを知る。未経験でも強くなれると聞いた彼女は、なぎなた部へと入部することにするのであったが、現実はそんなには甘くもなく…

【感想】
--------------------------------------
☆ちゃんとした部活映画
--------------------------------------
なぎなた部に入部した女子高生たちのお話。

青春もの映画好きなので、見たかったんですが、

乃木坂46主演の映画なので、若干アイドルの

プロモ映画なのではないかと危惧してました。

でも、意外とそんなことはなくて、意外と面白かったです。

--------------------------------------
☆なぎなたも面白い
--------------------------------------
なぎなたなんてなかなかマニアックな部活かと思うんですが…

そのマニアックさが斬新な雰囲気を醸し出していてよかったです。

そもそもなぎなたなんてやったこともないし、

どんな競技なのかもしらないレベルの知識しかなかったんですが…

主人公も超初心者!というわけで、なぎなたの知識も得られました(笑)

剣道と似たような競技なんですが、「すね」攻撃が出来ちゃうんですね。


--------------------------------------
☆団体戦競技いい感じ
--------------------------------------
あと、個人競技の団体戦ってのがまたいいですね。

エース級の強い仲間が一人いたとしても、他の4人が弱ければ団体戦には勝てない。

各登場人物の個性によって戦い方も人それぞれ。

思いがけない人が意外に勝っちゃったりして!?みたいな展開も面白かったです。

続きもちょっと気になるような終わり方だったので

続編あるならぜひ見てみたいですね。

★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
強盗を働き、かつて雑貨店があった廃屋に忍び込んだ敦也たち3人。だが、誰もいるはずもないその店に、謎の手紙が届く。なにやらそれは32年前に書かれたものらしいのだが…。

【感想】
--------------------------------------
☆感動的なストーリー…なのかな?
--------------------------------------
東野圭吾原作の映画化ですね。

原作は読んでるし、結構好きだった…はず!なんですが…

なんか映画を見た感じとしては、こんなストーリーだったっけ??でした。。

随所にちりばめられた伏線は見事に回収されているし、

たぶんきっと感動的で泣けるストーリー…なんだろうけど

なんかイマイチ自分には響きませんでした。。。

短編が原作だから、話があっちに行ったりこっちに行ったりしすぎてるからかなぁ。。。

個人的にはなんかちょっと残念な感じの作品でした。

--------------------------------------
☆昭和いいかんじ
--------------------------------------
でも、なんか作品全体に漂う、「昭和感」は上手く出てるのがよかったですね。

舞台も1980年ごろ!ということなので、80年代を生きた自分としては

ノスタルジーな雰囲気がすごくよかったです。

山下達郎さんが歌ってる主題歌も、どことなく懐かしさを感じられるような雰囲気でいいですね。

★★★☆☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

読書記録「錆びた太陽(恩田陸)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
恩田 陸
朝日新聞出版
¥ 1,836

【あらすじ】
とある事情により、人が住むことができなくなり、ロボットが管理することになった制限地域。そこに、国税庁から来たという謎の女財護徳子が現れた。制限地域内で何か調査をしたいというのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆SF風な雰囲気
--------------------------------------
今よりもちょっと近未来。

原子力発電所が爆発し、日本の多くの地域が制限区域となり、それに伴い、制限区域で活動するAIを備えたロボットが普及した時代のお話。

なので、ジャンルとしてはSFになるんですかね。

普段あんまりSFは読まないので、ちょっと斬新な感じで楽しめました。


放射能によって、ゾンビになってしまった人間たちは出て来るし…

今の地球上には存在しない謎の生物はわちゃわちゃしてるし…

なんかかっこよさげ(?)な乗り物も登場してるし。

舞台は日本なんですけど、なんか火星とかあの辺が舞台なようなそんなイメージで読めました(笑)


--------------------------------------
☆謎もいっぱい!
--------------------------------------
あと、SFといいつつ、謎がいっぱい散りばめられているのもいいですね。

何故主人公(?)の女は、わざわざ国税庁から人の住まない制限区域にやってきたのか?

ゾンビたちはなぜゾンビになってしまったのか?

ゾンビたちは人間と意思疎通はできるのか?

制限区域内に建てられた謎の建物は一体なんなのか?

誰が、なんのために建てたのか?

8人いたはずのロボットが今7人しかいないのは何故なのか??


勝手に突っ走る主人公とロボットたちとの掛け合いも面白いし、

続きも気になるし、なかなか楽しめたお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【恩田 陸】 | comments(0) | -

読書記録「本バスめぐりん。(大崎梢)」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【感想】
定年退職したおじさんが、移動図書館のバスの運転手になるというお話。

移動図書館って僕は利用したことないんですが…

たしかに、図書館が遠いところに住んでる地域の人にとっては便利ですよね。

定期的に近所までバスでやってきてくれて、ラインナップも毎回ちょっとずつだけど違っていたりして。

「時間限定」であるだけに、常連さんと仲良くなれちゃったりもして。

単に本を貸してくれる場所ってだけではなくて、本好きが集まれる素敵な場所って雰囲気がすごくいいなーと思ったお話でした。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆テルさん、ウメちゃん
--------------------------------------
返却本の間に挟んでいた「大事な物」がなくなった。

きっと次に借りたあの人が持っているに違いないけど、その人はそんなもの知らないという。

果たして「大事な物」はどこに行ってしまったのか・・・というお話。

移動バスを巡る人間関係ミステリーって感じですかね。

盗んだ!盗んでない!ってなると大事になっちゃいそうですが、

意外とほっこりするような終わり方だったいい話でした。

--------------------------------------
☆降っても晴れても
--------------------------------------
移動バスの運転手が、特定の女性とばかり仲良くしている!とクレームが入ってしまったというお話。

ただし、本人であるテルさんも、一緒に司書をしているウメちゃんもそんなことに心当たりはない。

本当にクレームなのか?それとも単なる嫌がらせなのか?って感じのお話。

人を相手にする仕事だと、ダイレクトにクレーム入っちゃったりするとそれは凹みますよね。。。

ただ、ここに出てくる人はみんないい人ばっかりなので、真相は意外な感じで面白かったです。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -

読書記録「何が困るかって?(坂木司)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
坂木 司
東京創元社
¥ 1,512

【感想】
坂木司さんの短編集(ショートショート?)ですね。

想像していた以上に、1話1話が短くて…

短編ですらちょっと苦手傾向がある自分としては読むのつらかったです。。。

ちょっと読んで話のあらましをつかめたかなーってところで終わって

また次の話ってなるんで、ちょっと疲れちゃうんですよね。。。

個人的にはあんまり好きじゃない作品となってしまいました。。。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆勝負
--------------------------------------
バスの降りるときに押すボタンをどっちが遅く押すかの勝負のお話。

ほんとは降りるんだけど、自分では押さずに、他の人が押してくれるのを待ってるーみたいな。

まぁチキンレースのバス版みたいな感じなんですね(笑)

話の発想はユニークだなと思ったお話でした。

--------------------------------------
☆神様の作り方
--------------------------------------
何でもないところに、花をたむける。

何でもないところに、お菓子を備える。

何でもないところで、祈る。

そうするとやがて、他にも同じことをやってくれる人があらわれる…というお話。

まぁねつ造ってわけなんだけど、嘘が真実になっていく…って感じが面白いお話でした。

JUGEMテーマ:読書

本 【坂木 司】 | comments(0) | -

読書記録「本を守ろうとする猫の話(夏川草介)」

ブログランキング・にほんブログ村へ
評価:
---
---
---

【感想】
店長が亡くなり、閉店することが余儀なくされた古本屋に本を守ろうとする猫が現れたというお話。

まぁ「本を守ろうとする猫」なんているわけないので、現実味がないのは当たり前ですが…

猫に連れられて異世界に行ったりするので、なんかファンタジー色の強い作品だなって印象でした。

描写もなんかキレイな感じに描かれてたような気がするので

映画化とかするとなんか映えそうって思った作品でした。

あと、いろいろ本に纏わる話も出てくるので、いろいろ本についても考えされられますね。


以下、印象的だったお話の感想です。
--------------------------------------
☆第一章「閉じ込める者」
--------------------------------------
本が好きと言いつつ、1度読み終わった本を、本棚にしまい込んで並べておくだけ…という人のお話。

常に新しい本を追い求めて、1度読み終わった本には目もくれない…

まさしく自分もそうなんですが、そういう人に対する皮肉なエピソードですね。。。

好きな本を何度も何度も読み直して味わい尽くす。

そういうのももちろんいいと思いますが、時間も無限にあるわけじゃないですもんね。

新しい本をどんどん読む人と、同じ本を繰り返す読む人。

同じ本好きでも、ちょっと分かり合えない壁があるのかなと感じたお話でした。

(買っても読まずに並べておくだけの人とはさらに壁がありそうですが。。。)

--------------------------------------
☆第二章「切りきざむ者」
--------------------------------------
本が好きと言いつつ、とにかく、速く、たくさん読むことを主義としている人のお話。

速く読むことに重きを置いているので、読むのが大変な古典なんかも、

全部読むよりは、重用なポイントが抑えられればそれでOKみたいな考え方。

こちらも、長編を充分に味わい尽くすだけの時間と頭があればいいんですけどね。。。

すっごく長くて読むのが大変な古典的名作とか、簡易版とか出てたらそっちを読みたくなっちゃう派です。。。

ただ、名作は名作なりに、ちゃんと全部読んだ方が感動もあるんだと思いますけどね。。。

JUGEMテーマ:読書

本 【その他】 | comments(0) | -
AMAZON LINK