映画と本の備忘ログ

映画・本・テレビなどの個人的な感想などを載せてます。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

映画鑑賞記録「3月のライオン 後編」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
プロ棋士である桐山零が川本家3姉妹と知り合って3年が過ぎた。彼女らのお陰で、心に平穏が訪れ始めた零であったが、そんな彼の前に、彼女たちの父親だという男が現れる…。


【感想】
--------------------------------------
☆いい話だなー
--------------------------------------
3月のライオンの後編です。

前作はなんかほんわかして、あったかくていいなーって思った映画だったんですが…

後編もそれにも増していい話だなーって感じのストーリーだったのでやばかったです。

自分、あんまり泣いたりはしないんですが、ちょっと涙腺うるうる。。。

自分のために必死になってくれて、泣いたりしてくれる。

あーこの人は自分の味方なんだーって思える人がいる。

あの人のためにがんばろーってなんかそんなふうに思えるような優しい人たちが溢れてるいい映画でした。

悲しい涙は嫌だけど、嬉し泣きっていいですよね。。。

--------------------------------------
☆将棋って熱い。。。
--------------------------------------
あと、この映画、将棋の映画なんですけど…

ほんと、みんな必死になって戦ってるんだなーってのが感じられました。

ニュースだけ見てると、ほんとちゃちゃっと勝っちゃってるようなイメージ持っちゃったりしますが…

そんな余裕で勝てちゃってる人なんていなくて、

みんな必死になって努力して、必死になってあがいて、必死になって戦ってるんだろうなーって。

命をすり減らして戦っていくのってほんとしんどいとは思いますが…

それだけ命を掛けてまでやりたい仕事があるってのもいいなーって感じたお話でした。


★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「無限の住人」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
謎の老人により、永遠の命を与えられた万次。彼は、かつて自分が助けられなかった実の妹にそっくりな浅野凛という少女と出会う。両親を奪われたというその少女は、彼に仇討ちの助っ人を頼むのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆意外と弱い?
--------------------------------------
キムタク主演の「死なない用心棒」が主人公のお話ですね。

「死なない用心棒」が主人公なので、さぞかし強くてカッコいいキムタク像が見られるのかなーと思ったんですが…

意外にもやられまくりな主人公が印象的でした。

あれ?こいつ弱いじゃん?みたいな。。。

不死身じゃなかったら、何回死んでるんだお前?みたいな。。。

なんかもっと痛快な展開を期待してたので、そこんところはちょっと物足りないなーって感じでした。

--------------------------------------
☆杉咲花さんインパクトあるなー
--------------------------------------
まぁそれはさておき…

ヒロイン役(?)の杉咲花さんが結構インパクトのある演技をしてたのが印象的でした。

こっちも師範の娘(?)のくせに弱っちくて戦いの見せ場がほとんどなかったのがなんだかなーって感じではあったんですが…

なんか常に必死そうな演技が印象に残りました。

まだまだ無名なんだとは思いますが頑張って欲しいなーと思えた女優さんでした。

あと、福士蒼汰くん、珍しく悪役なんですねー。

こっちは相変わらずカッコいいのはなんだかなーって感じではありますが…

悪役は新鮮だったのでよかったんじゃないかなーと思いました。

悪っぽい福祉くんを見たい方はチェックしてみてください(笑)

あ、最後に、そうそう、この映画、血がドヴァーって出たり、いろんなものがちょん切れたりするので

そういうのが苦手な人は見るのは要注意ですね(^_^;)


★★★☆☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「帝一の國」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
超名門校であり、その生徒会長の座を射止めたものは将来の入閣までもが約束されていた海帝高校。そんな海帝高校に主席で入学した赤場帝一は、将来の夢である内閣総理大臣を目指すため、生徒会に所属し、2年後に生徒会長になるために、奔走するのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆裏切り裏切られ…
--------------------------------------
内閣総理大臣を目指す高校生が、まずは生徒会選挙で当選すべく、選挙活動を繰り広げるというお話。

菅田将暉、竹内涼真、千葉雄大、志尊淳、野村周平等々イケメン俳優が出てるということで話題のこの作品。

女性ファンを狙った学園モノなのかなーと思いきや…

意外にも熱くてドロドロな政治モノだったので見ててハマりました(笑)

政治といえばくっついたり離れたり、裏切ったり裏切られたり、買収したりスキャンダルがあったり…

そういうドロドロ〜なイメージがあるかと思うんですが…

学園モノなのにそういう要素が満載だったのがすごく面白かったです(笑)

高校生なのになんでキミたちそこまで熱いバトルを繰り広げてるの!?って感じではあるんですが…

誰が勝って誰が負けるのか、なんか先が読みにくい展開が楽しい作品でした。

★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「夜は短し歩けよ乙女」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
後輩である「黒髪の乙女」のことが大好きなのに今一歩前へ踏み出せない「先輩」。彼は、彼女と仲良くなろうと、「なるべく彼女の目に留まる」ナカメ作戦を実行するのだったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆独特ですねやっぱり。
--------------------------------------
森見登美彦さん原作の人気小説のアニメ映画化作品。

原作は挫折してしまった組なんですが…

予告編を見た感じだと楽しそうだったので見てみました。

感想は…

なんか思いっきりファンタジー(?)なんですねー。

たった一夜(?)の話なのに、永遠に夜が続いていくような

なんか不思議な感覚を味わえました。

なんかすごく独特な世界観のお話ですねー。やっぱり。

--------------------------------------
☆先輩=星野源
--------------------------------------
で、そうそう、ヒロインの乙女に憧れる主人公の先輩役を

星野源さんが演じてるんですが…

なんかキャラがすごい一致しているように見えたので

途中からなんか星野源さんを見てるような感覚になりました(笑)

展開自体はなんかすごくハチャメチャな感じではありますが…

追いかけても追いかけてもなかなか近づけない、

先輩と乙女の関係がなんかちょっと笑えました(笑)


★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「ReLIFE リライフ」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
とある事情からニート生活を送っていた27歳の海崎新太。彼はある日、リライフ研究所の夜明了という男から、1年間だけ17歳に戻って人生をやり直さないかと提案を受ける。訝しみながらも若返りの薬を受け取ってしまった彼は、17歳となり、高校生活をやり直すことになるのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆17歳のリライフ
--------------------------------------
27歳でニートでダメ人間な主人公が、もう一度17歳の高校生になって人生やり直すというお話。

まぁ設定からしてファンタジーなので、ありえねー!って感じではあるんですが…

27歳が17歳になっちゃったよやべー!的な雰囲気はすっごく感じられて楽しめました。

実はもう立派な大人なのに、高校生の中にひとりぽつんと紛れ込んじゃったら…

そりゃあもうめちゃくちゃ焦りますよね。

そして、中身は27歳なわけだから、見た目は高校生でも中身はオッサン…

どことなーく説教臭くておっさんぽい高校生がリアルな感じで楽しめました。

しかし、27歳役も17歳役もあんまり違和感ないとは…

中川大志くんなかなかやりますね。。。

まぁリアルに27くらいの千葉雄大くんが17歳を演じていて違和感ないのもすごいですが。。。

--------------------------------------
☆青春いいねぇ
--------------------------------------
あと、もう一回17歳をやりなおして、高校生活をエンジョイしてる感じ、楽しそうでいいなーって感じでした。

友情に、恋に、勉強に、夏祭りに、文化祭に、旅行!

いかにも青春!って感じの要素がめいいっぱい詰め込まれていて楽しかったです。

まぁエピソード的にはいかにもーな感じのものもあったりしたけど

仲良し5人組(6人?)な感じ、すごくいいなーって思った作品でした。

面白かったです。


★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「3月のライオン 前編」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
幼いころに両親を亡くし、プロ棋士の父親がいる家族の世話になることになった桐山零。彼は、義父から将棋を教わりメキメキと実力を付けていくのであったが、一方で義姉兄とは上手く行かず、高校生で家を出ることにするのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆3姉妹が癒し系でいい感じ
--------------------------------------
羽海野チカさん原作の、人気将棋マンガの実写映画化作品ですね。

原作は読んでないですが…なんかほんわかした雰囲気っぽいなーって思ってたんですが

実際に見てみたらそんな感じの映画でちょっと癒やされました(笑)

特に、酔っ払って倒れてた主人公・桐山零を家に連れてきて介抱してくれた

川本家の人たちがぽわーんとした感じですごくいいですねー。

ちょっといい人過ぎて、見知らぬ人をそんなに信用しちゃだめでしょ!って感じではありますが…

見ず知らずなのになぜか懐いちゃっていろいろ面倒見てくれる、いい家族でした。

倉科カナさん、清原果耶さん、癒し系っぽい雰囲気がいいですねー。

あ、有村架純さんも何気に出てたりするんですが…

こちらは癒し系…ではなくてすげー嫌なやつ!って感じで出てたのが意外でしたね。


--------------------------------------
☆将棋の世界も大変だ…
--------------------------------------
あと、この映画、将棋が舞台になってるだけあって…

棋士の生き様!みたいなのがすごくリアルに描かれてるのが印象的でした。

まぁ何にせよ仕事はそう楽じゃないってのはそうなんですが…

まさに命を掛けて戦ってる!って雰囲気がひしひしと伝わってくるような雰囲気がよかったです。

ただ単純に楽しく将棋を指してるわけじゃなくて、みんな必死になってやってるんですね。。。

好きなだけじゃプロになれるわけじゃないし、どんなに頑張っても芽が出なければ諦めるしかない。

プロになっても勝ち続けなければ食べてはいけない。

将棋の世界も厳しいんだなーと感じたお話でした。

最後に、雰囲気すっごくよかった映画だったので後編もぜひ見たいと思います。


★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「キングコング:髑髏島の巨神」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
時は戦後まもなくの時代、存在自体があまり知られていなかった謎の島へ調査隊が送られることになった。しかし、その島は、巨大なサルや巨大な生物が生息する、危険な島なのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆意外と悪く思えないコング
--------------------------------------
ご存知巨大なサルがいる「キング・コング」のお話。

未知の島がある!ってことで、人間たちが勝手に島に乗り込んでいって

平和に暮らしてたキングコングの島に爆弾を仕掛けたせいで

キングコングが怒っちゃって襲い掛かってくる!って話なんですが…

一方的に見てるとなんかキングコングって人間を殺す悪いヤツ!なんてですが…

逆に考えると人間の方が勝手に島に乗り込んできて島を荒らしてる悪いヤツ!なんですよねぇ(^_^;)

なんか見ててキングコングが悪いヤツに見えなくなって来てしまうのがなんか不思議な感覚でした。

何にも悪いことしてないのに、爆弾落とされて、銃で攻撃されて可哀想。。。


--------------------------------------
☆逆にやられるのが楽しい?
--------------------------------------
…といいつつ、人間たちがキングコングにバッサバッサと殺されていく様は痛快で面白かったです(笑)

まぁまたこんなこと書いてると、自分でも病んでるなーって感じではありますが…

また一匹、また一匹と殺されていくサマは…キングコングが主役のゲームやってるみたいで面白かったです。

一撃でどんどん死んでいく感じは、いかにも雑魚キャラ倒してる感じでいいですね(笑)

--------------------------------------
☆いろんな怪物がいっぱい!
--------------------------------------
あとこの島、人類未開の島ということで、気持ち悪い生き物もいっぱいでてきてすごかったです。

この島では人類最弱!?ってキャッチコピーで煽ってたような気がしますが…まさしくそのとーり!ですね。

どんどん新生物(?)が出て来るので、次はどんなのが出てくるのかなーとある意味見てて楽しみな映画でした。

ラストはちらっと続編(?)がありそうな伏線も出てたりしてたんですが…

有名なアレとかアレとかアレとかが出てきそうな感じでちょっと笑えました(笑)


★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「モアナと伝説の海」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
島の外へは決して行ってはいけないと厳しく育てられたモアナ。しかし、このままでは島が滅んでしまうことを知った彼女は、両親の言いつけに背き、島を出ることを決意するのであった…。

【感想】
--------------------------------------
☆ミュージカル楽しい
--------------------------------------
滅びの危機が迫り来る島を守るため、モアナが冒険の旅に出るというお話。

この作品も、予告編を見た限り、歌がすごく楽しそうな映画なんだろうなーって感じだったので見てみました。

見てみた感想は…やっぱり全体的に歌いまくりで楽しい映画になっていたのがよかったです。

なんか新しいキャラが出てくれば歌って〜♪何かイベントが発生すれば歌って〜♪って感じで。

ノリノリで楽しい雰囲気、すごく好きでした。

あと、極めつけはやっぱりあの主題歌ですよね。

屋比久知奈さんの歌声、作中に何度も出てくるのでとっても満喫できました。

エンディングこそ加藤ミリヤバージョンになってたりもするんですが、やっぱり屋比久さんの方が好きですね。

--------------------------------------
☆映像綺麗
--------------------------------------
あとこの作品、映像美もすっごくキラキラしてて美しかったです。

キレイな海と空、そして、島の緑!!

全体的にキレイな映像が終始流れてるのでなかなか癒やされました。

ストーリーは個人的にはまぁこんなもんかなーって感じだったんですが、歌と映像はすっごくよかったです。

アナ雪ほどのヒットはしないかと思いますが、一見の価値はあるのでは?って思った作品でした。

★★★★☆

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「SING」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
劇場を経営するものの、イマイチ人気がぱっとしないコアラのバスター・ムーン。彼は、そんな劇場に再び活気をよみがえらせるため、オーディションを開催することにするのであったが…

【感想】
--------------------------------------
☆音楽楽しい
--------------------------------------
落ちぶれた劇場を復活させるために、歌手のオーディションを実施するというお話。

予告編を見た時から、なんか楽しそうな映画だなーって思ったんですが…

実際見てみた感じとしてはやっぱり「楽しい」でした。

僕は洋楽ってあんまり聴かないんでよくわかんないんですけど…

音楽って言語の壁を乗り越えて楽しめるのがいいですねー。

歌詞の意味はあんまりよくわかんなかったけど…

ノリノリの歌とダンスに見ているこちらまで楽しくなりました。

曲名とか歌ってる人は全然知らないけど、どっかで耳馴染みのある曲が多かったのもよかったです。

全部で数十曲は歌ってたと思うので、なかなか見どころの多い映画でした。

--------------------------------------
☆字幕か吹き替えか
--------------------------------------
あと、今回は、原曲の方がきっと迫力ある音楽が楽しめるんだろうなーって思ったので字幕版を見てきたんですが…

吹替版の方もいろいろ歌手の人が歌ってたりしてみどころたっぷりだったんですね。

MISIAとかスキマスイッチとか。

若干歌手(?)って人も混じってるようなので実際のところはどうなのかよくわからないですが…

日本語版の方もちょっと見たくなりました。

あと、そうそう、歌ってるのはきゃりーぱみゅぱみゅじゃなかったっぽいですが、

「にんじゃりばんばん」が出てきたのはびっくりでした。

きゃりーぱみゅぱみゅって世界的な歌手だったのか。。。

★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -

映画鑑賞記録「チア☆ダン」

ブログランキング・にほんブログ村へ

【あらすじ】
中学からの同級生である山下孝介の応援をするため、チアダンス部に入部することを決意した友永ひかり。だが、彼女が入部したチアダンス部は、アメリカ大会出場を目指す、鬼教師・早乙女が指導する過酷なチアダンス部であった。次々と部員が辞めていく中、ひかりは、残ったメンバーと力を合わせて頑張りたいと思うのであったが…。

【感想】
--------------------------------------
☆信じられないけど実話
--------------------------------------
何の実績もない素人チアダンス部が、全国優勝だけでなく、全米制覇してしまったというお話。

なんかタイトルだけ見ると、突拍子もない話だし、ありえねー!って感じだったんですが…

実話ベースのお話だったんですね。これ。。。

素人がたった3年で全米制覇なんてできちゃうのか!なんて

やっぱり今でもサクセスストーリーすぎでちょっと信じられないですが…

相当な努力が実っての出来事なんでしょうね。すごいなーって感じでした。

--------------------------------------
☆前向きになれる
--------------------------------------
で、そんなこんななサクセスストーリーなわけですが…

よくある青春モノの「努力」「友情」「勝利」みたいなキーワードを感じました。

最初は何にもできないようなへっぽこチアダンス部でも

努力してみんなで力を合わせて勝利を勝ち取っていく。

そんな前向きな映画だったので、見ていていろいろ励まされた感じがしました。

目標なくただ漠然と3年間を過ごすこともできますが、

夢に向かって3年間ひたむきに頑張り続けるってのはすごく充実した3年間だったんだろうなーって感じました。

--------------------------------------
☆個性的なキャラいっぱい
--------------------------------------
あと、いろんな個性を持ったキャラが集まってたのも魅力的でしたねー。

美人でスキルも高くてみんなのリーダーを引き受けちゃう優等生タイプ。

ダンスは得意だけど協調性がなくてみんなに喧嘩腰なトラブルメーカー。

ヒップホップ経験者でダンスは上手いものの笑顔がない孤高タイプ。

アイドル志向の自分が自分がー!の前向きタイプ。

体系的にダンス向きじゃないけど常に明るいムードメーカー。

いろんな子が集まって、「チーム」を作り上げていく感じ。すごく好きでした。


★★★★★

JUGEMテーマ:映画

映画(最近) | comments(0) | -
AMAZON LINK